mineoの格安スマホを徹底解説

ケイ・オプティコムの格安SIMの料金に関して

mineoの料金プラン、通信速度などについて紹介します。現在お使いの携帯料金と比べながら、携帯料金がどれぐらい節約出来るか楽しみながら、比較対象できると思いますので是非とも参考になさって下さい。それでは、早速、料金プランの詳細を見てみましょう。

mineoの月額プラン

マイネオの料金プランは、データ通信専用の格安SIMと音声通話付きSIMは2つで料金が異なります。070/080/090番で始まる電話番号は、音声SIMとなりますので、一般的なスマホと同様に電話としても利用したいのであれば、音声通話付きSIMを選ぶ必要があります。データ専用SIMを選ばないようにくれぐれもご注意くださいね。通話SIMの月額プランは、Aプラン(AU回線)が500MB:1,310円、1GB:1,410円、3GB:1,510円、5GB:2,190円、10GB:3,130円となっており、Dプラン(docomo回線)が500MB:1,400円、1GB:1,500円、3GB:1,600円、5GB:2,280円、10GB:3,220円となっています。

データ専用SIMの月額プランは、Aプラン(AU回線)が500MB:700円、1GB:800円、3GB:900円、5GB:1,580円、10GB:2,520円となっており、Dプラン(docomo回線)が500MB:700円、1GB:800円、3GB:900円、5GB:1,580円、10GB:2,520円:す。

mineoの違約金

mineoの解約違約金について、説明していきます。mineoは契約しているプランに最低利用期間を設定していない特色があるので、いつ解約しても、解約違約金が発生しません。ということは、お試し感覚で気軽に格安スマホを使ってみることができるわけで、とても魅力あるMVNOであると言えます。ただし一つ条件があって、1年以内に携帯電話番号ポータビリティー(MNP)転出される場合には、MNP転出手数料 12,420円(税込)の支払いを要求されます。通話SIMで契約した場合は、これらが適用されてしまうので注意しておいてください。

mineoの通信速度

格安SIMで気になるといえば通信速度。ということでmineoの通信速度を調べてみました。ドコモの回線のDプランの場合、LTE回線で225Mbps、AU回線プランでも、225MbpsのLTE回線を使えるのです。回線が混雑している時の通信スピードは、各所で話題になっている通り、キャリアで契約している方が、断然通信速度は速くなります。時間帯に関係なくスピードと安定したデータ通信を必要とされる方は、キャリア契約を選ばれる方が良いでしょう。ただ、月々の支払いに関して言えば、全体的に高いコスパと満足度が得られることは間違いないでしょう。

mineo AU回線プランの通信制限に関して

mineoでは、契約している全ての方々が快適な通信が利用できるよう、データの通信量が多くなりすぎた利用者は通信の速度を制限されます。これは、三日前から今日までの通信利用したデータ容量から計算し、あらかじめ定められた容量を超えて通信をした利用者に対しては、速度制限がかけられます。直前の72時間の通信データ量が一定の値よりも下がり次第、制限は特に手続きの必要もなく解除されます。普通の使用方法を守っている限り、制限に該当するかどうかは、そんなに心配しなくても大丈夫でしょう。各料金プランごとの規定容量は規定されていないようで、Aプランは、全プラン共通で3日で1GBが規定値に設定されているようです。

mineo docomo回線プランにおける72時間制限0

mineoのDプランに関しては、直近3日間のデータ通信利用量による、通信速度制限はありません。日ごとに、使用するデータ通信量が大幅に変動する方は、auプランよりもこのドコモプランで契約することで、3日制限を気にする事なく使用出来ます。その辺も加味して、どちらのプランが良いか比較検討してみてくださいね。

mineoとは?

docomoとAUの2つ回線を利用しているMVNO「mineo(マイネオ)」はケイ・オプティコムが提供している格安スマです。キャリアから換えられる場合、月々のスマホにかかる料金を今までよりもっと減らすことができるサービスだといえます。毎月の支払料金が1310円という低価格なスマホサービスとして話題を集めています。MVNOとしては国内で初めてのマルチキャリアであり、docomo回線とau回線のプランで注目されてるのはMVNOです。通信環境や品質もdocomoやAUと遜色ないサービスなので、初めて格安スマホを使う方にも安心して利用できます。今回は、mineoがなぜ話題なのかをまとめたレポートになります。気持ちを楽にして読んでみてください。

docomoとAU回線網を利用したMVNO

mineoはdocomoまたはauの回線を利用して格安スマホスマホを利用できるすることができます。格安スマホとはいえ通話品質はドコモやauと同様の音質ですし、サービスエリアもまったく変わりありません。SIMフリーの機種は当然使えますが、そうでないSIMロックの機種でも、docomoの機種を持っているならばドコモプランならばそのまま使えますし、auの機種を持っているならば、auプランでそのまま使うことができますから、新規にスマホを用意する必要はありません。使い慣れた本体をそのまま使え、出費を抑えることができるというメリットがあります。もちろん、新たにセット販売されている格安スマホを購入し利用することもできます。格安で全国の信頼できるキャリア回線を利用できますし、ドコモ回線かau回線のどちらかを選んで契約することが出来ます。選ぶ際には、好きな方ということもそうですが月額料金の違いも見比べて検討してみてください。

VoLTEに対応

VoLTEに対応したプランがある会社として有名なのが、mineoです。「VoLTE」は、従来の音声通話の音質を改善した、新しい通話技術の名称です。VoLTEが登場する前の通話方式では、拾える音の周波数は、300Hzから3.4kHzの範囲でした。しかしVoLTEでは50Hz~7kHzまで拾うことができるようになり、より自然に近い状態で聞き取れるようになりました。そのため、より高い音質での通話が以前と比べて可能となったのです。mineoの売りの一つが、VoLTEの採用によって実現した高音質通話なのです。

翌月繰越OK

mineoの特徴として、ひと月分のデータ容量を使い切れず余った時に、そのデータも次の月にも繰り越して使うことができ、データ通信量が月によって大きく増減があり一定しない方でも 、データ容量を無駄なく使用することができるのが大きな特徴です。

mineoスイッチアプリを駆使して、通信量を圧縮!

実はmineoスイッチというちょっと便利が機能がmineoにはありまして 、高速通信と低速通信のどちらかに切り替えることが可能です。貴重なデータ容量をとっておくことが出来ますね。mineoスイッチとWi-Fiを上手に切り替えて使うことができれば、低額プランでも問題なく利用する事が可能になります。スマホ代を格安に済ます一つの手段でしょう!

【期限間近のキャンペーン】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)