楽天モバイルの格安スマホを徹底解説

楽天モバイルの月額プランと解約

楽天モバイルが現在ラインナップしている料金プラン等について紹介します。今お使いのスマホ代と比べながら、どれほど安く抑える事が出来るか確認してみて下さい。どれぐらい節約できるのか、楽天モバイルに申し込むと、どのようなプランが用意されていて、契約完了までにどのくらい費用が必要なのか具体的に説明します。

料金

楽天モバイルの月額プランは、格安SIMカードには、データ通信専用のSIMと音声通話付きのSIMの二つに分かれており、それぞれ料金も違います。音声通話が可能なSIMでは、070/080/090で始まる番号で音声通話が出来ますので、従来のキャリア端末と同様にご使用されたい場合は、音声通話が可能なSIMを選ばなければならないことに気をつけましょう。音声SIMの月額プランは、低速使い放題のベーシックプランで、1,250円、3.1GBプランで1,600円、5GBプランで2,150円、10GBプランで2,960円です。

データSIMの月額費用は、低速使い放題プランで、525円、3.1GBプランで900円、5GBプランで1,450円、10GBプランで2,260円となっています。

ベーシックプランというのは、200Kbpsの低速通信のみが使い放題となるプランです。それ以外のプランは、ドコモのLTEの高速回線を使用できる225Mbpsのプランです。最初にかかる費用は3240円だけで、それ以外には端末代のみでokです。

契約縛りについて

楽天モバイルの解約手数料に関して、ご紹介していきます。利用しなければならない期間が特に定められていないのが、データSIMです。自分のタイミングで解約でき、解約手数料は必要ありません。それに対して通話SIMでは12カ月間の縛り期間が定められています。一年以内に解約したい時には、解約手数料は9800円かかりますので注意が必要です。キャリア会社のように利用期間毎に自動更新されないので、契約から13ヶ月以上すぎれば縛り自体が完全になくなってしまい、手数料フリーでいつでも解約可能ですから、また一歩進化したという感じですね。

通信速度

楽天モバイルのネットワークは、docomoの225Mbpsという高速な通信回線を採用しています。スピードについては、ドコモと同じ回線なので、通信速度についての不安はなさそうですね。格安で、ドコモと全く同じ回線が使えるということは、楽天モバイルがもつ最大の強みの1つです。これからも、MVNOや格安スマホのサービスがますます広がりそうですね。

楽天モバイルの72時間制限

どこのMVNOを利用しても一緒ですが、利用者の平等な利用環境のために、過度にデータ通信を使用したユーザーに対して、速度制限を行っています。通信制限がかかるごく最近の3日間のデータの合計に応じて、契約時のパックプランの容量を超えたユーザーに対して、速度制限が適応され、通信速度が遅くなるよう設定されています。直前の72時間の通信データ量が一定の値よりも下がり次第、制限は特に手続きの必要もなく解除されます。一般的な使い方をしていれば、速度制限が実施されることはほとんどないと思います。料金プランごとの規定容量 3.1GBプラン=540MB 5GBプラン=1GB 10GBプラン=1.7GB

楽天モバイルのチェックポイント

MVNOの一種である楽天モバイルでは、格安のSIMおよび格安スマホを提供しています。大手携帯会社のdocomo,AU,softbankなどからの乗り換えなら、月々のスマホ代がお得になるサービスです。毎月の利用料金が1,250円と格安なスマホは高い注目を集めています。docomo回線を使った通話サービスを提供しているので、ドコモと同じように対応エリアも広く、通話品質も同等です。楽天モバイルを契約されている間は、楽天市場でのショッピングに対して2倍のポイントが貯められる特典もございます。そんな訳で、今回は、楽天モバイルのキャンペーン情報からMNP情報まで、すべてをまとめました。楽天モバイルのメリット・デメリット踏まえ、ご紹介していきます。

docomoエリアで使える格安SIM!

ドコモの回線を利用している楽天モバイル。言うまでもありませんが、ドコモと完全に同一の通話品質を享受できるほか、大手キャリアに見劣りすることなく、広範囲で安心して使えます。ドコモのスマホなら、ほとんどの機種で楽天モバイルでそのまま使えちゃいます。SIMフリースマホが楽天モバイルにおいて販売されているのであれば、それとセットで購入する事で利用する事も可能です。もし、現在docomoのスマートフォンをお持ちでしたら、楽天モバイルのSIMカードを契約するだけで楽天モバイルを利用できますので、スマートフォン本体にかかる費用を節約することも可能です。分かりやすく言うと、利用は安いが、回線はドコモのものを使える、ということですね。

セットのSIMフリースマホがたくさん!

楽天モバイルに対応していないスマートフォンをお持ちでない方は、楽天モバイルで使えるスマホを新規に買う必要があります。楽天モバイルで購入可能な端末は、他のMVNOと比較しても、圧倒的な種類の豊富さが特徴です。スマホの他にも大画面タブレットも取り揃えてくれているので使い方の選択肢も広がります。唯一の弱点を挙げるとすれば、分割払いでの契約は楽天カードのみ、という点です。もし、契約時に楽天カードをお持ちではない場合、スマートフォン本体代金の支払い方法は一括払いしかありません。ただ、楽天カードのことがあったとしても楽天モバイルの機種数の豊富さは数あるMVNOの中でも一番の魅力だといえるでしょう。

高速通信容量の繰り越し

プランにより高速データの通信容量は異なりますが、せっかくのプラン分の容量を使いきれずに残ってしまう月もあると思います。そんなとき、利用しているのが楽天モバイルだったなら、残った分は繰り越して、翌月に使用できます。MNVOによっては翌月繰り越しに内応していない場合も多く、これは楽天モバイルの魅力の一つです。通信量を余らすともったいないので、余らせた分を次の月に繰り越して使えるのはとてもいいサービスです。

通話料金がお得な、楽天でんわ

なんと!通話料が半額になる画期的なサービスがあります。それは楽天でんわです。IP電話と異なるプレフィックス型通話サービスで、IP電話とは違い発信時にこちらの電話番号をきちんと伝えられるサービスです。このとき相手側に通知されるのは、普段使用している電話番号です。つまり、電話の相手側からすると、いつもどおりの電話と変わりはないのです。IP電話のサービスは、その多くが非通知のみでの発信だったり、050の番号が相手に通知されたりするため、相手が出てくれなかったりするので正直不便だったのですが、楽天でんわはそんなことがないので非常に使い勝手がいいです。さらに楽天でんわで通話した分の料金に対しては、楽天ポイントの加算対象になりますので、更におトクですね。

5分かけ放題オプション

ドコモ・au ・SoftBankといった大手3大キャリアでは、各社通話し放題のプランを用意していますが、多くのMVNOはこの通話し放題というプランは適応されません。MVNOのデータ通信料は大手大手携帯電話会社より格安で済むから家計には優しいけど、いざというときの通話料金が高そうでちょっと手が出しづらい。と、迷っている方でも納得できます。そんな人におすすめなのが、楽天モバイルが新しく設定した月額850円で5分間の通話がタダでできるというプランです。5分以内なら通話し放題のオプションは、大手携帯電話会社と同じ通常の電話回線を利用するため、電話回線を利用している他の電話と同じように、発信者の電話番号を相手に通知する“発信者番号通知”のサービスにも対応しているので、発信に関してはこれまでと何ら変わることなく、電話かけ放題になるという点も見逃せません。NifMoにも話し放題のサービスはあるものの、かけた人に電話番号が相手方に表示されないことがままあるようです。
楽天でんわの通話料は1分21.6円となっていますので、こまめな回数で、ひと月1時間くらいは通話する人には必要なオプションです。

初月は料金が無料

楽天モバイルの申し込みをすると、最初の一か月分の料金が無料になるのです。最初の1ヶ月というのは、SIMカードやスマホ本体が届いた日を含む月を指します。到着日によっては、丸々1ヶ月無料になりますね!ただ、前の通信会社との契約の都合で、解約手数料などが必要になったりする場合もあるので、絶対に月初待つのがお得だとは言い切れません。ご利用は計画的に。

【楽天モバイルの今月のキャンペーン】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)